エストロゲン活性に影響を与える遺伝子多型と尿道下裂との関連 Genetic polymorphisms of CYP17A1, CYP19A1, ESR1 and ESR2 that influence estrogen activity lead to increased risk of hypospadias

この論文をさがす

著者

    • 倉橋 典絵
    • 北海道大学大学院医学研究科公衆衛生学分野
    • 守屋 仁彦
    • 北海道大学大学院医学研究科外科治療学講座腎泌尿器外科学分野
    • 野々村 克也
    • 北海道大学大学院医学研究科外科治療学講座腎泌尿器外科学分野
    • 岸 玲子
    • 北海道大学大学院医学研究科公衆衛生学分野

収録刊行物

  • 日本衞生學雜誌  

    日本衞生學雜誌 62(2), 700, 2007-03-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018567215
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00185923
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215082
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ