ペグインターフェロンとリバビリンとの併用療法中に発症した自己免疫性1型糖尿病の3例 Three Cases of Autoimmune Type 1 Diabetes Mellitus During Treatment with PEG-Interferon and Ribavirin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

C型肝炎に対するペグインターフェロン(PEG-IFN)α2bとリバビリン併用療法中に発症した1型糖尿病を3例経験した.症例1は52歳男性で,治療開始4カ月後にはHbA<sub>1</sub>c 5.0%であったが6カ月後にHbA<sub>1</sub>c 10.1%と高血糖を認め,インターフェロン(IFN)治療は中止しインスリン強化療法を開始した.症例2は63歳女性で,IFN治療開始2カ月後にケトアシドーシスで糖尿病と診断された.HbA<sub>1</sub>cは2カ月で5.0%から8.4%に上昇し,IFN治療は中止しインスリン強化療法を開始した.症例3は49歳男性で,治療開始4カ月後に血糖554 mg/d<i>l</i>, HbA<sub>1</sub>c 7.1%となった.インスリン強化療法を行いながらIFN治療は続行した.3例とも発症時の抗GAD抗体陽性であった.従来よりIFN治療中に発症した1型糖尿病の報告はあるが0.1%以下と少ない.PEG-IFNとリバビリンの併用療法により,われわれは143例中3例(2.1%)の1型糖尿病の発症を経験しており,自己免疫に与える影響が大きい可能性があるため注意を要すると考えられる.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 50(1), 37-40, 2007-01-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018570391
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    8687147
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ