INH-MIC低濃度耐性結核菌株での耐性遺伝子変異の検討 RESISTANCE-CONFERRING MUTATIONS OF MYCOBACTERIUM TUBERCULOSIS STRAINS WITH LOW LEVEL RESISTANCE TO ISONIAZID

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阿野 裕美 ANO Hiromi
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 松本 智成 MATSUMOTO Tomoshige
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 永井 崇之 [他] NAGAI Takayuki
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 田村 嘉孝 TAMURA Yoshitaka
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 吉多 仁子 YOSHIDA Hiroko
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 河原 邦光 KAWAHARA Kunimitsu
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 高松 勇 TAKAMATSU Isamu
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 露口 泉夫 TSUYUGUCHI Izuo
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases
    • 高嶋 哲也 TAKASHIMA Tetsuya
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases

抄録

〔目的〕INHの最小発育阻止濃度(MIC)が判定保留域にある結核菌の薬剤耐性化遺伝子変異の有無を検討する。〔対象と方法〕2000年1月~2005年5月に培養陽性となったINH-MIC料定保留域(MIC1~2μg/ml)の全47菌株と,同期間内で任意に選出したMIC0.25μ9/m似下の感受性菌31株およびMIC4μg/ml以上の耐性菌41株を対象とした。MIC測定は微量液体希釈法(プロスミックMTB-1,極東製薬),薬剤耐性遺伝子の検出はDNAマイクロアレイ法(OligoArray<SUP>TM</SUP>,日清紡)を用いた。〔結果〕感受性菌はすべてwildtypeで,判定保留域菌と耐性菌に7種類のINH耐性遺伝子変異が認められた。判定保留域菌47株のうち,<I>inhA</I>転写開始点の上流一15番のCからTへの置換が23株(48.9%),-8番のTからAへの置換が2株(4.3%),<I>katG</I>1778番のGからAへの置換が6株(12.8%)に認められ,さらに3株(6.4%)は<I>katG</I>1778番のGからAへの置換と<I>katG</I>982番のTからGへの置換を二重にもっていた。〔まとめ〕われわれは,大阪の場合には,判定保留域にある結核菌の7割がINH耐性遺伝子変異をもち,その半数以上が<I>inhA</I>調節領域の遺伝子変異であることを明らかにした。

[Objective] We investigated the prevalence of isoniazid (INH) resistance-conferring mutations in the INHindeterminate <I>Mycobacterium tuberculosis</I> (MTB) strains.<BR>[Materials and Methods] We initially selected a sample of 47 clinical isolates of MTB from patients, who visited the Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases from 2000 to 2005. Strains resistant to the concentration of 1-2 μ g/m/ were defined as " indeterminate". INH resistance-conferring mutations were determined by DNA microarray.<BR>[Re sults] Of 47 N H-indeterminate strains, only 13 ( 27. 7%) were found to have no resistance mutations, 23 (48. 9 %) had mutation within the <I>inhA</I> regulatory region at -15 C to T, and 2 (4. 3% ) had mutation within the <I>inhA</I> regulatory region at -8 T to A, 6 (12. 8%) had mutation within the <I>katG</I> gene at 1778 G to A, and 3 (6. 4%) had mutations within the <I>katG</I> gene both at 1778 G to A and at 982 T to G.<BR>[Conclusions] We showed that the majority of INHindeterminate strains have resistance-conferring mutations, which were mainly detected within the <I>inhA</I>regulatory region.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(12), 709-713, 2006-12-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018570525
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8610998
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ