欧米における結核患者の入退院基準および本邦との比較 CRITERIA OF HOSPITALIZATION AND DISCHARGE FOR TUBERCULOSIS IN THE WESTERN DEVELOPED COUNTRIES AND COMPARISON WITH THAT OF JAPAN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 邦彦 ITO Kunihiko
    • 結核予防会結核研究所研究部 Department of Research, Research Institute of Tuberculosis, Japan Anti-Tuberculosis Association

抄録

欧米における結核患者の入退院基準を明らかにし,本邦の基準と比較考察を行った。アメリカ(USA)/ニューヨーク/カナダ/EU/イギリス(UK)/ドイツ/フランス/スペイン/イタリアの9地域を対象に,インターネット/PubMed等で入退院基準を述べた公的文書を抽出し,化学療法後の感染性推移に関する見解/入退院基準/隔離解除基準を調査した。欧米においては,化学療法開始後に感染性が消失する時期については不明であるとする見解を採る場合が多い。短期隔離やadherence確保のための入院適応も存在している場合が多く,隔離解除基準や退院基準では,患者の感染性そのものよりは,患者のもつ可能性のある接触の総合的リスク(接触者の結核の発病しやすさや,多剤耐性結核/播種性結核/結核性髄膜炎等の重篤な結核発症のリスク)を勘案して決定されているものと考えられた。欧米では外来治療に固執するのではなく柔軟な対応が可能である。米国においても初期入院治療の頻度は高く,場合によって長期の入院治療も行われている。本邦の基準は感染性に過度に偏重しているものと思われた。

We studied the criteria of hospitalization and discharge in western developed countries, and compared with the criteria of Japan. For 9 regions of USA, New York, Canada, EU, UK, Germany, France, Spain, and Italy we investigated using inter-net search, Pub-Med and other electrical document search webs, official documents expressing opinion on infectiousness after starting chemotherapy and criteria for discontinuing isolation, hospitalization and discharge. In western developed countries, it is the standard opinion that time interval to lose infectiousness after starting chemotherapy is unknown. In many countries there are still remained the hospitalizations for short-term isolation or secure treatment adherence. In criteria for discontinuing isolation or discharge from hospitals, integrated risk of contact with tuberculosis patients (risk of progression to disease when infected and of severe form of tuberculosis such as drug-resistant cases and disseminated or meningitis) is more important determinant than infectiousness itself of tuberculosis patients. In western developed countries, they did not insist on outpatient treatment but adopted flexible policy for hospitalization. In the USA too, inpatient treatment for early treatment phase is frequently seen, and for necessary cases long-term hospitalization is made. The criteria of Japan were thought to focus too strictly on the infectiousness itself of tuberculosis patients.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(12), 721-730, 2006-12-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018570554
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8611020
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ