結核対策の現状と課題 THE TUBERCULOSIS CONTROL LAW OF JAPAN : CURRENT ISSUES AND PROSPECT OF TUBERCULOSIS CONTROL PLAN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 塚原 太郎 TSUKAHARA Tarou
    • 厚生労働省健康局結核感染症課 Health Service Bureau, Organization of the Ministry of Health, Labour and Welfare

抄録

本邦において結核症対策は,いまだに今日的課題である。平成17年4月に結核予防法が改正され,健康診断の重点化などが薪たに定められた。しかしながら,現行の結核予防法には,公衆衛生上の課題,人権上の課題,法制上の課題等が指摘されている。結核予防法は今後,これらの点を踏まえつつ,感染症法に統合されてゆく方向であるが,これは生物テロや事故による感染症の蔓延を防止するための病原体等の管理体制の確立,および最新の医学的知見をもとに感染症に対して総合的な対策を実施すること,が主な目的である。平成18年3月には,その感染症法改正原案ができ,閣議決定となっている。もちろん結核予防法と感染症法が統合されることにより,より良い結核症,感染症対策が講じられることが目的であるが,まだ課題点も残されている。本稿では,結核予防法と感染症法の統合について,これまでの経過,いま何をしようとしているのか,統合により何が変わるのかということについて概説した。

Prevention and control measures against tuberculosis still remain a contemporary issue in Japan. In April 2005, the Tuberculosis Control Law was revised, which has newly been with particular emphasis on medical screening. However, the present law has been indicated to have issues in the fields of such as public health, human rights, and legislation. Although the Tuberculosis Control Law will be integrated into the Infectious Diseases Law on the basis of those issues, the aim of the integration of these laws are mainly for the establishment of pathogen control system to prevent biological terrorism and the accidental spread of infectious diseases and for the comprehensive control of infectious diseases based on the latest medical knowledge. In March 2006, the draft for the revised the Infectious Diseases Law was approved by the Cabinet of government. The combination of the two laws is expected to improve the program quality for the control of tuberculosis and infectious diseases but some issues remains to be resolved. This paper will review the combination of the Tuberculosis Control Law and the Infectious Diseases Law in light of what has been done, what will be intended, and what will change after the combination.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(12), 737-743, 2006-12-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018570603
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8611089
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ