公衆衛生展望での結核,AIDS,およびマラリア治療対策の比較(原標題は英語) THE COMPARISON OF TREATMENT BETWEEN TB, AIDS, AND MALARIA FROM PUBLIC HEALTH PERSPECTIVE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

AIDS,結核,マラリアの主要感染症が原因で,アフリカ地域やアジア地域を中心に,世界中で年間数百万人が死亡している。本稿では,結核,AIDS,マラリアの主要感染症対策にこれまで携わってきた経験を踏まえ,これら感染対策の基本戦略や目標設定,それを取り巻く環境などを総論として述べたうえで,結核対策,AIDS対策,マラリア対策のそれぞれについて,世界的にどのような経過や意図で,どのような対策が採られてきたのか,その成果はどうだったのか,また,どのような課題が残されているのかについて概説する。

Millions of people, mostly in Africa and Asia, die of the main infectious diseases such as tuberculosis, AIDS and malaria every year. In this talk, based on my experience in addressing global public health issues of the infectious diseases, I summarized key points to a successful international health initiative, and outlined achievements and problems in the global control strategy of tuberculosis, AIDS and malaria.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(11), 673-679, 2006-11-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018570727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8577139
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ