担持酸化マンガン触媒によるベンゼンのオゾン酸化反応 : 活性を支配する因子の検討と高活性化の試み Catalytic oxidation of benzene with ozone over supported manganese oxides : Investigation of factors controlling catalytic activities and preparation of highly active catalysts

この論文をさがす

著者

    • 永長 久寛 EINAGA Hisahiro
    • 九州大学大学院総合理工学研究院 Department of Energy and Material Sciences, Faculty of Engineering Sciences, Kyushu University
    • 尾形 敦 OGATA Atsushi
    • 産業技術総合研究所環境管理技術研究部門 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 原田 雅史 HARADA Masafumi
    • 奈良女子大学生活環境学部 Department of Health Science and Clothing Environment, Faculty of Human Life and Environment, Nara Women's University

収録刊行物

  • 触媒 = Catalysts & Catalysis  

    触媒 = Catalysts & Catalysis 49(2), 144-146, 2007-03-10 

    触媒学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018571346
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00117719
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    05598958
  • NDL 記事登録ID
    8738571
  • NDL 雑誌分類
    ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学)
  • NDL 請求記号
    Z17-223
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ