マウスのストレス性胃炎に対する酸性キシロオリゴ糖の抑制作用 Inhibitory Effects of Acidic Xylooligosaccharide on Stress-induced Gastric Inflammation in Mice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 芳野 恭士 YOSHINO Kyoji
    • 沼津工業高等専門学校 物質工学科 Department of Chemistry and Biochemistry, Numazu College of Technology
    • 東 直樹 HIGASHI Naoki
    • 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 Graduate Schools of Human Health Science, Tokyo Metropolitan University

抄録

トウモロコシのキシランから精製した酸性キシロオリゴ糖を,100または200 mg/kg体重の投与量でマウスに経口投与したところ,寒冷拘束ストレスによる胃粘膜の出血痕数が有意に低下した.また,酸性キシロオリゴ糖には,3.3~4.3 mg/mLの濃度範囲で濃度依存的なスーパーオキシドアニオンラジカル消去作用が認められ,そのIC<sub>50</sub> 値は3.5 mg/mLであった.酸性キシロオリゴ糖の示した抗酸化作用は,その抗胃炎作用に一部寄与しているものと考えられる.酸性キシロオリゴ糖の関連糖であるキシロース,キシロビオース,キシランおよびグルクロン酸には,100 mg/kg体重の投与量ではマウスの胃炎抑制作用は認められなかった.これらの結果から,少なくとも3量体以上の酸性キシロオリゴ糖には,マウスのストレス性胃炎を抑制する効果のある可能性が示唆された.

The preventive effects of acidic xylooligosaccharide prepared from xylan of corncobs and related sugars on stress-induced gastric inflammation in mice were investigated. Oral administration of acidic xylooligosaccharide and hydrocortisone at doses of 100 and 200 mg/kg body weight significantly reduced the number of bleeding points in the gastric mucosa of mice loaded with cold-restraint stress. Acidic xylooligosaccharide showed concentration-dependent superoxide anion radical-scavenging activity at concentrations of 3.3-4.3 mg/mL and its IC<sub>50</sub> was 3.5 mg/mL, although this value is approximately six times that of quercetin. The antioxidant activity of acidic xylooligosaccharide could contribute, in part, to its suppressive activities on stress-induced mouse gastritis. Xylose, xylobiose, xylan, and glucuronic acid showed no significant suppressive activities on mouse gastric inflammation at a dose of 100 mg/kg body weight. These results suggest that an appropriate degree of polymerization of xylan (larger than trimer) is necessary for the activities of acidic xylooligosaccharide.

収録刊行物

  • 食品衛生学雑誌 = Journal of the Food Hygienics Society of Japan  

    食品衛生学雑誌 = Journal of the Food Hygienics Society of Japan 47(6), 284-287, 2006-12-25 

    Japanese Society for Food Hygiene and Safety

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018572074
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00117741
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00156426
  • NDL 記事登録ID
    8566279
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-364
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ