タンパク質相互作用を標的とするペプチドドラッグ : 相互作用ドメインは探査針やクスリにもなる?

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 45(3), 152-154, 2007-03-01

    日本農芸化学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    LIU S.

    J. Biol. Chem. 280, 11259, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    WATT P. M.

    Nature Biotechnol. 24, 177, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    WESTERMANN S.

    Nature 440, 565, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    STOCKS M.

    Curr. Opin. Chem. Biol. 9, 359, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    IKEUCHI A.

    Nucleic Acid. Res. 31, 6953, 2003

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018572727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    8739938
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ