三次元粒子シミュレーションを用いた相対論的マグネトロンの特性評価と効率改善 Characterization and Efficiency Improvement of Relativistic Magnetron by using Particle-In-Cell Simulations

この論文をさがす

著者

    • 大門 正樹 DAIMON Masaki
    • 長岡技術科学大学・極限エネルギー密度工学研究センター Extreme Energy-Density Research Institute, Nagaoka University of Technology
    • 伊藤 弘平 ITO Kohei
    • 長岡技術科学大学・極限エネルギー密度工学研究センター Extreme Energy-Density Research Institute, Nagaoka University of Technology
    • 山嵜 星征 YAMAZAKI Hoshiyuki
    • 長岡技術科学大学・極限エネルギー密度工学研究センター Extreme Energy-Density Research Institute, Nagaoka University of Technology
    • 江 偉華 JIANG Weihua
    • 長岡技術科学大学・極限エネルギー密度工学研究センター Extreme Energy-Density Research Institute, Nagaoka University of Technology

収録刊行物

  • 電気学会研究会資料. PPT, パルスパワー研究会  

    電気学会研究会資料. PPT, パルスパワー研究会 2007(1), 61-65, 2007-02-02 

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018575397
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11404459
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ