有機溶媒を使用しない電子回路積層板の形成と理論 Theory and Fabrication of Fluted Plates for Electronic Circuits Free from Organic Solvents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 棚橋 満 TANAHASHI Mitsuru
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Nagoya University, Graduate School of Engineering, Department of Materials, Physics and Energy Engineering
    • 森 真生 MORI Masao
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Nagoya University, Graduate School of Engineering, Department of Materials, Physics and Energy Engineering
    • 石川 朝之 [他] ISHIKAWA Tomoyuki
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Nagoya University, Graduate School of Engineering, Department of Materials, Physics and Energy Engineering
    • 東崎 栄造 TOUZAKI Eizou
    • 住友ベークライト(株)次世代基板材料研究開発プロジェクトチーム(JKK) Advanced Circuitry Materials R/D Project Team, Sumitomo Bakelite Co. Ltd.
    • 小笹 維義 OZASA Tadayoshi
    • 住友ベークライト(株)次世代基板材料研究開発プロジェクトチーム(JKK) Advanced Circuitry Materials R/D Project Team, Sumitomo Bakelite Co. Ltd.
    • 武田 邦彦 TAKEDA Kunihiko
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Nagoya University, Graduate School of Engineering, Department of Materials, Physics and Energy Engineering

抄録

有機溶媒を使用せずにエポキシ樹脂主体の樹脂をガラスクロスに含浸させる電子回路積層板の製造プロセスの研究を行った.本研究では,微細化し水で湿潤化した樹脂微粒子をスプレーによって吹き付けて,親油化処理をしたガラスクロスに衝突させることによって樹脂とガラスクロスの複合体であるプリプレグを作製した.水を用いて樹脂を湿潤化するためには,樹脂の粒径を微細化し,水と混合したものを機械的にかくはんし分散させることが必要である.湿潤化した樹脂をノズルから噴出させ,あらかじめ親油化処理をしたガラスクロスに衝突させた時の衝突現象をレイノルズ数とオーネソージ数の関係にもとづいて整理し,樹脂微粒子の運動エネルギーや表面エネルギーなどの観点から微細なガラスクロスに付着した微粒子が浸透する可能性について明らかにした.<br>

As an environmentally friendly manufacturing process of copper-clad laminate, the method for impregnating glass fabrics with epoxy-based resin without any organic solvents was investigated. In this method, with water as a carrier, some fine particles of the epoxy-based resin were sprayed on the glass fabrics modified from a hydrophilic surface to a lipophilic one. When the water drops and the resin particles collided with the hydrophilic glass surface, the former were repelled. Meanwhile, the latter adhered to the glass surface and permeated into the stitches of the glass fabric. Refinement of the resin particles and mechanical dispersion force was necessary to make the particles disperse in a small amount of water. The conditions of the method were discussed based on the adhesion phenomena of the fine resin particles to the glass surface. In addition, the collision of the sprayed wet particles with the glass fabrics was examined through calculations using Reynolds and Ornesorge numbers. Focusing upon the relationship between the kinetic energies and the surface activities of the resin particles and the glass fabrics, we considered the possibility of fine resin particles attaching to glass fabrics and permeating into them.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 64(2), 108-114, 2007-02-25

    公益社団法人 高分子学会

参考文献:  34件中 1-34件 を表示

  • <no title>

    辻本雅哉

    松下電工技法 75, 9, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    福原康雄

    松下電工技法 80, 8, 2003

    被引用文献1件

  • エポキシ樹脂銅張積層板

    池田謙一

    エレクトロニクス実装用高機能性基板材料, 2005

    被引用文献1件

  • 耐熱性材料

    米本神夫

    エレクトロニクス実装用高機能性基板材料, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    英一太

    プリント配線板の製造技術, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    柿本雅明監修

    エレクトロニクス実装用高機能性基板材料, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    青木正光

    Design Wave Magazine 10月号, 87, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    青木正光

    Design Wave Magazine 6月号, 67, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    DERJAGUIN B. V.

    Acta Physicochim. USSR 14, 633, 1941

    被引用文献1件

  • <no title>

    VERWEY E. J. W.

    Theory of Stability of Lyophobic Colloids, 1948

    被引用文献1件

  • <no title>

    HAMAKER H. C.

    Physica 4, 1058, 1937

    被引用文献1件

  • <no title>

    HUNTER R. J.

    Foundations of Colloid Science, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    奥山喜久夫

    微粒子工学, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    VISSER J.

    Adv. Colloid Interface Sci. 3, 331, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    ISRAELACHVILI J. N.

    Intermolecular and surface forces, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    ZIMON A. D.

    Adhesion of Dust and Powder, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳田博明監修

    基本技術, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    奥山喜久夫

    微粒子工学, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    YOSHIDA T.

    Aerosol Science for Engineers, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本化学会編

    化学便覧 II, 4, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本化学会編

    化学便覧 II, 39, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    宇津木弘

    粉体 その機能と応用, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    武田邦彦

    日本接着学会第43回年次大会講演要旨集, 2005, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    武田邦彦

    日本材料学会第54期学術講演会講演論文集, 2005, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    武田邦彦

    プラスチック ナノテク読本, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    BIRD R. B.

    Transport Phenomena, 1960

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本化学会編

    化学便覧 II, 93, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    LEE L. H.

    Adhesion Science and Technology, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本化学会編

    化学便覧 II, 97, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    HAMAKER H. C.

    Physica 4, 1058, 1937

    被引用文献1件

  • 多層プリント配線板材料の開発動向 (特集 情報機器対応電子材料技術)

    米本 神夫 , 高田 俊治

    松下電工技報 52(1), 4-8, 2004-02

    被引用文献2件

  • Connection between polymer molecular weight, density, chain dimensions, and melt viscoelastic properties

    FETTERS L. J.

    Macromolecules 27, 4639-4647, 1994

    被引用文献5件

  • <no title>

    KEDDIE J. L.

    Europhys. Lett. 27, 59, 1994

    被引用文献16件

  • <no title>

    MUNDO C.

    C., Int. J. Multiphase Flow 21-2, 151-173, 1995

    DOI 被引用文献11件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018576466
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8726158
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ