自己組織化による有機-無機ハイブリッド材料の創成と展望 Organic-Inorganic Hybrid Materials Prepared by Self-organization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自己組織化による有機-無機ハイブリッド材料の創成と展望イオンコーティングや染色など,電子顕微鏡の試料処理に用いられる金属導入法が,自己組織化で作製した高分子材料と無機物とのハイブリッド化に有効であることを見いだした。溶媒蒸発交換法によって作製したブロックコポリマー微粒子を四酸化オスミウムで架橋することで,ポリイソプレンをコアとしポリスチレンをシェルとするナノディスクが形成された。

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 56(3), 125-128, 2007-03-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018576601
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    8726550
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ