高速度工具鋼の表面特性に及ぼす微細ショットピーニングの影響 Influence of microshot peening on surface layer characteristics of high-speed tool steel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高速度工具鋼は金属材料の高速度切削工具として多く用いられているが,その特性から冷鍛用や熱間金型用としても用いられている.一般の金型工具においては耐摩耗性や疲労強度などを高める方法の一つとして,ショットピーニングが採用されている.しかしながら,硬質な高速度工具鋼の場合はショットピーニングの適用はあまり行われていない.本研究では,微細な超硬合金製投射材を用いて高速度工具鋼の表面特性に及ぼすショットピーニングの影響について調べた.おもに,金属表面における表面粗さ,残留応力および硬度などの表面特性に及ぼす投射圧力や投射時間などの影響について調べた.ショットピーニング装置は空気式で,投射材は平均直径0.1mmの微細粉末である.表面粗さを低減した状態で高い硬さと圧縮残留応力を付与することが可能であることがわかった.また,温間での加工および2段ピーニング加工も行い,加工温度の影響についても調べた.超硬合金を用いた微細ショットピーニングは高速度工具鋼の表面特性向上に有効であることがわかった.

The influence of microshot peening on the surface layer characteristics of high-speed tool steel was investigated. A compressed air-type microshot peening apparatus with a heating furnace was produced experimentally. Peening microshots, 0.1 mm in diameter, were made of cemented carbide, and the workpieces were made of high-speed tool steel. The surface roughness, compressive residual stress, and hardness of the peened workpieces were measured. The effects of processing temperature on the surface layer characteristics by warm shot peening were also examined. The use of hard microshots was shown to cause a significantly enhanced peening effect for high-speed tool steel.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers  

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 51(3), 161-166, 2007-03-01 

    The Japan Society for Abrasive Technology

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018576744
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    8717749
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ