繰返し圧延接合法によるELID研削用アルミニウムボンド砥石の特性 ELID grinding characteristics of aluminum bonded wheel by accumulative roll bonding

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

効率的なELID研削加工技術の構築を目的として,ELID要素技術の開発・改善,専用加工機の研究開発などを進めている.本報告では,本研究の一環として繰返し圧延接合法によるアルミニウムボンド砥石の試作を行い,基礎的な特性の調査を行った.試作した砥石は,アルミニウム板(Al 2017)とWA砥粒(平均粒径28μm)を用い行い,試作した砥石の曲げ特性,摩擦摩耗特性,初期電解ドレッシング特性など基本的な特性を調査した.また,試作した砥石ペレットを用いて放射状砥石を試作し加工実験を行った結果,ELIDによる除去能力の維持効果があることを確認した.

To develop efficient ELID grinding technologies, our research efforts include the development and enhancement of elemental technologies of ELID, and R of special machine tools. As part of these research activities, we have developed a prototype aluminum-bond grinding wheel using the accumulative roll bonding method to investigate the basic characteristics of the grinding wheel. We used aluminum alloy (Al2017) and WA abrasives to prototype the grinding wheel and investigated the basic characteristics of the grinding wheel, such as bending characteristics, frictional wear characteristics, initial electrolytic dressing characteristics, etc. Using this accumulative roll bonding method, we also prototyped a radial type grinding wheel and conducted experiments. The results confirmed that the grinding wheel is able to maintain removal ability by ELID.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers  

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 51(3), 167-170, 2007-03-01 

    The Japan Society for Abrasive Technology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018576768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    8717762
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ