人工骨頭用材料Co-Cr合金の高品位加工および細胞毒性評価 Investigation of grinding characteristics and surface-modifying effects of biocompatible Co-Cr alloy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,人工骨頭用材料であるCo-Cr合金に対してELID研削を施し,加工特性および表面性状を評価した.その結果,#8000砥石による最終仕上げ加工によって,7nmRaという極めて良好な加工面粗さが得られた.さらに,アルミナ研磨材に比べてELID研削材は優れた表面硬さ,細胞毒性を示しており,その原因はELID研削がもたらすクロムの酸化現象および窒素の拡散現象であると示唆された.

Co-Cr alloy used as a biomaterial must show excellent resistance to corrosion and wear, as well as biocompatibility. In the present study, we performed Electrolytic In-Process Dressing grinding on Co-Cr alloy, and evaluated the processing characteristics and resulting surface properties. Final finishing using a #8000 wheel produced an extremely smooth ground surface with a roughness Ra of 7 nm. In addition, the ground samples showed superior surface hardness and biocompatibility in comparison with conventionally polished samples. These advantages can be attributed to the diffusion of several types of element during the grinding process and the effects of grinding fluid composition.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers  

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 51(3), 177-181, 2007-03-01 

    The Japan Society for Abrasive Technology

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018576779
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    8717781
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ