金属ナノ構造体を用いるプラズモン増強励起蛍光分析 Surface Plasmon Enhanced Fluorescence Analysis Based on Metal Nanostructures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石田 昭人 ISHIDA Akito
    • 京都府立大学 人間環境学部 環境情報学科 Laboratory of Material Science, Faculty of Human and Environmental Science, Kyoto Prefecture University

抄録

表面プラズモンは金や銀の表面を伝播する光としての性質をもつ表面波で, 金属表面に修飾された光応答性分子の励起源として理想的な性質をもつ. 表面プラズモンを表面ナノ構造によって散乱し, ナノ空間に局在化させることにより, ナノ空間で蛍光分析が可能となった. 分子ナノフォトニクスの要素技術として展開されつつあるプラズモン増強励起蛍光分光法の原理と応用について解説する.

Surface plasmon enhanced excitation of photofunctional molecules might be a key technology to realize ultra high-throughput biochemical analyzers as well as the molecular based optoelectronics devices in next generation IT equipments. This review describes the principle of surface plasmon enhanced excitation of fluorescent molecules on flat and nano-fabricated metal surfaces and its bioanalytical applications.

収録刊行物

  • 日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan  

    日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan 70(1), 8-13, 2007-02-25 

    THE SOCIETY OF PHOTOGRAPHY AND IMAGING OF JAPAN

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018577197
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191766
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03695662
  • NDL 記事登録ID
    8729311
  • NDL 雑誌分類
    ZP48(科学技術--印写工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-495
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ