自己診断機能を持つ安全関連系の危険事象率推定について Estimation of Hazardous Event Rate for Safety Related Systems with Self-Diagnosis Function

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>電気・電子・プログラマブル電子安全関連系(SRS) の機能安全に関する国際規格IEC 61508 が発効され,当該規格を翻訳してJIS C 0508 が制定された.本規格では,SRS のリスク軽減能力を推定することが要求事項となっている.このSRS の自己診断機能はそれがない場合に比べて危険事象の生起を無視できる程度にまで軽減すると思われがちである.しかし,低頻度作動要求モードにおいてSRS の保全中に作動要求が発生する場合や,高頻度/連続作動要求モードにおいて作動要求中にSRS が故障する場合を考えると,自己診断により発見できるフォールトが必ずしも平均危険事象率に寄与しないとは言えない.本研究では,作動要求が非定常となり,SRS およびそれが対象とする機器等から構成される全体システムについて,SRS のフォールトに対して自己診断がある場合の危険事象過程を,マルコフ過程を用いてモデル化し,平均危険事象率推定式の導出を行った.また,数値計算により,得られた推定式が平均危険事象率を最大に見積もる推定式であるものの,それを最小に見積もる場合との差はSIL が一段階変化する幅に比べて十分に小さい値であることを明らかにし,得られた推定式が規格への適用に十分であることがわかった.さらに,得られた推定式から九 つの作動要求モードと簡易な平均危険事象率の推定式を示した.</p>

<p>Recently computer―based systems have been widely applied for achievement of safety functions. This general trend forced IEC to compile IEC 61508 as a standard related to functional safety of electrical/electronic/programmable electronic safety ―related systems, i.e., E/E/PE SRS (SRS). Currently JIS includes the translated standard of IEC 61508, JIS C 0508. These standards require to estimate the risk reduction achieved by safety functions of SRSs. It has been believed that self―diagnosis functions of SRSs are able to reduce the risk resulting from failures or faults of SRSs to a negligible level. However, the risk will not be negligible for the cases where a demand occurs on the maintenance of SRS in the low demand mode of operation or where SRS fails to function on a demand in the high demand or continuous mode of operation. This paper firstly models the causation of hazardous events of the overall system in which the SRS with self―diagnosis function is installed and formulates the hazardous event rate based on the model. The SRS in overall system is assumed to implement a safety function in a dynamic demand state. Moreover, new demand modes of operation and estimations of hazardous event rates are proposed for allocation of SILs to SRSs.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 46(1), 16-23, 2007-02-15

    安全工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018578535
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    8688708
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ