分子量分布の異なるポリスチレンのホットタック強度と絡み合い挙動の関係 Relationship between Hot Tack Strength and Entanglement Behavior for Two Kind of Polystyrene Having Different Molecular Weight Distribution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 角田 正樹 KAKUDA Masaki
    • 国立大学法人 山形大学 大学院 理工学研究科 Yamagata University Department of Polymer Science and Engineering
    • 宮田 剣 [他] MIYATA Ken
    • 国立大学法人 山形大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー Yamagata University Venture Business Laboratory
    • 小山 清人 KOYAMA Kiyohito
    • 国立大学法人 山形大学 大学院 理工学研究科 Yamagata University Department of Polymer Science and Engineering

抄録

ホットタック強度 (HTS) と高分子鎖の絡み合いの関係を調べるため,分子量分布の異なるポリスチレン (PS) を用い検討を行った。ホットタック強度測定用の試験片として基材にポリエチレンテレフタレート (PET) フィルムを用い,溶媒に溶かした試料を研究室製のフロートコーターを用い基材へコートした。HTSは1.0~100sec間 140℃でヒートシールした直後にT型はく離試験を行い測定した。各ヒートシール時間内に,試料中の高分子鎖1本あたりが新しく組み替える絡み合いの個数を動的粘弾性測定から求め評価した。HTSが0以上の値を示すために必要な臨界絡み合い個数は,高分子鎖一本あたりおよそ0.02個程度で平均すると炭素原子6個程度の末端であることが分かった。また分子量分布が広い場合には臨界絡み合い個数が若干少ないことが分かった。破壊の様式は2種類のPS共に絡み合い個数に依存することが分かった。

To investigate relationship between hot tack strength and entanglement behavior, two PSs (polystyrene) that having nearly equal molecular weight (Mw=2.0×105) but different molecular weight distribution (Mw/Mn=1.04 and 1.94) were used. Effects of molecular weight distribution on hot tack strength and rheological properties were discussed. Thin layered PS on PET (Poly (ethylene terephthalate)) film as the substrate was prepared using PS/THF (Tetrahydrofran) solution. Hot tack tests were performed under three different peeling rates at 140℃ with 1.0 to 100 sec of heat seal time for all tests. The surfaces after tests were observed by optical microscope. The number of newly generated entanglements on a polymer chain under several heat seal time was calculated by measuring dynamic shear viscoelasticity. As a result, we could determine critical generated newly entanglement number to show minimum hot tack strength. The critical value was about 0.02. PS having broad molecular weight distribution exhibited slightly lower critical value than that having narrow molecular weight distribution. In addition, the failure types were quantitatively classified based on the newly generated entanglement number.

収録刊行物

  • 日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan  

    日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan 42(12), 506-512, 2006-12-01 

    The Adhesion Society of Japan

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018580244
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10341672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09164812
  • NDL 記事登録ID
    8605290
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-134
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ