国土地理院のALOS/PALSARを利用した干渉SAR事業計画 The Strategy of InSAR Geodetic Survey Project with ALOS/PALSAR in GSI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 国土地理院は,定常運用が開始された陸域観測技術衛星" だいち"(ALOS)のPALSARデータを用いて,高精度地盤変動測量での干渉SARの利用を開始した.本測量事業は主に,地震・火山・地盤沈下および地すべりによる地殻・地盤変動の監視を目的としている.測量事業として定常的に干渉SAR解析を行うためには,データ処理・解析を行うためのシステムの整備と,これに用いるデータの確保が必要となる.このため,国土地理院は,PALSARデータを読み込み・登録から成果作成までを一貫して処理・解析するシステムを開発した.また,データの確保について,国土地理院はALOSを運用する宇宙航空研究開発機構へ,定常時および緊急時の観測要求を提出し,この内容に従って定期的にあるいは緊急時にデータの提供を受ける.定常的な解析では,はじめに火山・地盤沈下地域について,年1~ 数回程度解析を行い,これらの成果を公表する予定である.また将来は,これら定常的な解析地域の範囲を広げ,最終的に日本全土をカバーした地盤・地殻変動地図を作成する予定である.

Geographical Survey Institute started to utilize Interferometric SAR (InSAR) analysis with ALOS/PALSAR data for "Precise Ground Deformation Survey Project". The survey project is focused on earthquake, volcano, subsidence and landslide for crustal and ground deformation monitoring. For the purpose of the survey project we arranged for two essential factors, analysis system and data acquisition. As for the analysis system, GSI has been developing L band SAR data processing/analysis systems. Now the system is fully adapted with PALSAR data for regular survey works. For data acquisition, GSI has cooperated with JAXA for basic and urgent observation requests. As for the regular analysis, we will provide interferograms of volcanoes and subsidence areas with intervals of every few month to a year. Subsequently, we will extend analysis targets from specific areas toward a whole area of Japan for making a crustal and ground deformation map of the nation.

収録刊行物

  • 測地学会誌  

    測地学会誌 52(4), 285-296, 2006-12-25 

    The Geodetic Society of Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018581299
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00134900
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00380830
  • NDL 記事登録ID
    8716345
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-161
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ