診断と病態 : 1. 本態性高血圧の成因

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本態性高血圧は病因が単一でなく,遺伝的素因と環境因子との相互作用により発症すると考えられている.様々な遺伝子解析の結果から,高血圧発症に関わる遺伝子候補が同定されているが,遺伝子そのものが血圧を上昇させるよりも,環境による昇圧反応の程度が遺伝的に決定されていることが明らかとなってきた.その環境因子の中で,食塩の過剰摂取やストレスが重要視されており,最近ではインスリン抵抗性の関与が注目されている.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 96(1), 4-8, 2007-01-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018585201
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8654806
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ