治療の実際 : 5. 糖尿病を有する高血圧

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高血圧を合併する糖尿病患者の降圧治療として,糖尿病性腎症の発症予防あるいは進展阻止の面からACE阻害薬あるいはARBが第一選択薬となる.しかし,降圧目標(130~80 mmHg)に到達できない場合は,Ca拮抗薬の併用が臓器保護の面でも有効かつ好ましい選択である.高齢者では少量の利尿剤も有効の場合があり,ARBと利尿剤の合剤が注目される.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 96(1), 55-59, 2007-01-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018585270
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8654919
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ