治療の実際 : 7. 腎障害を有する高血圧の治療

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

腎機能障害は心血管イベントと関連しており,尿中微量アルブミン濃度による早期腎障害のスクリーニングが重要である.レニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬は腎障害進展抑制効果が強く,腎障害合併高血圧症の第一選択薬となった.メタボリック症候群が増加する現代においては,降圧目標達成の併用療法においても酸化ストレス抑制作用のある降圧薬を選択し,早期腎症からRA系抑制薬を中心にすえた心血管系疾患の予防が重要である.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 96(1), 65-72, 2007-01-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018585280
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8654942
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ