原発性硬化性胆管炎及びアルコール性肝硬変に合併した過形成性結節の1例 Hyperplastic nodule in primary sclerosing cholangitis and alcoholic liver cirrhosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は64歳,男性.1994年よりアルコール性肝硬変と診断され経過観察していたが胆道系酵素上昇が進行し,2005年1月入院となった.内視鏡的逆行性胆管造影にて左肝内胆管の不整な拡張と狭窄を認めたため原発性硬化性胆管炎と診断した.さらに,腹部CTで肝S4に径15 mmの多血性腫瘤を認め,肝細胞癌も否定は出来ず手術を施行したが,組織学的には過形成性結節であった.原発性硬化性胆管炎に伴う過形成性結節の報告はまれで興味ある症例と思われた.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 96(1), 147-149, 2007-01-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018585358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8655104
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ