脳腱黄色腫に微小変化型ネフローゼ症候群を合併した1例 Cerebrotendinous xanthomatosis with minimal change nephrotic syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松本 美香 MATSUMOTO Mika
    • 産業医科大学病院循環器腎臓内科 Department of Cardiology and Nephrology, University of Occupational and Environmental Health
    • 芹野 良太 SERINO Ryota
    • 産業医科大学病院循環器腎臓内科 Department of Cardiology and Nephrology, University of Occupational and Environmental Health
    • 及川 秀 [他] OIKAWA Shigeru
    • 産業医科大学病院循環器腎臓内科 Department of Cardiology and Nephrology, University of Occupational and Environmental Health
    • 柴田 達哉 SHIBATA Tatsuya
    • 産業医科大学病院循環器腎臓内科 Department of Cardiology and Nephrology, University of Occupational and Environmental Health
    • 尾辻 豊 OTSUJI Yutaka
    • 産業医科大学病院循環器腎臓内科 Department of Cardiology and Nephrology, University of Occupational and Environmental Health

抄録

脳腱黄色腫(cerebrotendinous xanthomatosis, CTX)はステロール27位水酸化酵素の障害による脂質代謝異常を呈す,常染色体劣性遺伝の稀な疾患である.今回,我々はCTXの経過中に微小変化型ネフローゼ症候群を合併した症例を経験した.プレドニゾロンの投与のみでは不完全寛解I型までしか改善せず,プレドニゾロンの漸減に伴い再燃したが,LDLアフェレーシスの併用で血清コレスタノール値が低下し完全寛解となった.本例では脂質代謝異常とネフローゼ症候群の発症機序に何らかの関連が疑われた.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 96(1), 150-152, 2007-01-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018585365
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8655123
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ