腎機能の評価

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

米国のKDIGOガイドラインは慢性腎臓病の重症度分類に糸球体濾過量(GFR)を用いており,国際的にはクレアチニンクリアランス(Ccr)ではなくGFRで腎機能を評価する方向に進んでいる.Ccr/GFR比は末期腎不全では2倍程度となりCcrとGFRは異なった腎機能の指標である.日本ではイヌリンクリアランスの測定が保険適用となり腎生検施行症例や,腎移植のドナーなどで正確なGFR実測が可能となった.一般臨床では血清クレアチニンと年齢,性別よりGFRを推算するMDRD推算式が推奨されるが,GFR<60 ml/min/1.73 m<sup>2</sup>の日本の症例では実測値より高く推算されるので,係数0.741による補正が必要である.70歳以下ではGFR<50 ml/min/1.73 m<sup>2</sup>で腎機能低下速度が速く,管理が必要と思われる.血清シスタチンCは測定法の標準化が行われていないが,新たな腎機能の指標として期待される.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 96(1), 159-165, 2007-01-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018585378
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8655136
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ