転倒転落防止に対する看護師の意識調査 Nurses' Attitude toward Prevention of Falls : A Survey

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 入院患者の高齢化に伴い,転倒転落事故の防止が看護スタッフにとって重要な課題となってきた。我々の病院では転倒転落防止アセスメントスコアシートを活用し事故防止に向けて積極的な取り組みを行なってきた。その結果看護師の意識に変化が認められたので,意識調査を行なった。<br> 調査結果の解析から以下のことがわかった。(1)転倒転落アセスメントスコアシートおよび看護計画を作成することで看護師の危険予測に対する意識付けが出来た。(2)患者個々にあった援助を行ない,患者,家族とスタッフが共通した認識を持つことが転倒転落予防に必要である。(3)対策マニュアルを活用することにより転倒転落時の対応が統一できた。(4)事故情報をスタッフが共有することで,再発防止対策が充実された。

  With aging of inpatients, the prevention of falls in old people is an important task nurses have to take upon themselves. In our hospital, we have been tackling the task in earnest by utilizing a fall prevention assessment score sheet. Our efforts have resulted in changes in the attitude of nurses as shown by a survey. (1) By working on the nursing plan with use of the fall prevention assessment score sheet, nurses have become alert to risk factors for falling. (2) They have realized that assistance suited to the needs of each patient is vital and that collaboration between patients, their families and hospital staff contributes to the prevention of falls greatly. (3) The use of an intervention manual has made it easy for nurses to cope with falls and consequent injury. (4) To share information of every factor for falling among the nursing staff has added greatly to the prevention of the recurrence of the fall.

収録刊行物

  • 日本農村医学会雑誌  

    日本農村医学会雑誌 55(5), 472-479, 2007-01-30 

    THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018586979
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196216
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04682513
  • NDL 記事登録ID
    8740721
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-224
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ