人工心肺を用いた体外循環がトリプトファン代謝に及ぼす影響 Influence of cardio pulmonary bypass on the tryptophan metabolism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】必須アミノ酸であるトリプトファンの肝臓での代謝に注目し,体外循環がトリプトファンの主要な代謝経路であるキヌレニン経路にどのような影響を及ぼすのか検討した。体外循環を用いた開心術前後の血漿および部分尿を採取した。トリプトファンとその初期の代謝産物であるキヌレニンの血中濃度,肝臓のみでトリプトファンから産生されるキヌレン酸,アンスラニル酸,キサンツレン酸,3-ヒドロキシアンスラニル酸およびキノリン酸の尿中濃度をそれぞれの高速液体クロマトグラフィー法で測定した。その結果,血中トリプトファン,キヌレニンおよび尿中キヌレン酸とキサンツレン酸は手術前後で差はなかったが,尿中のアンスラニル酸と3-ヒドロキシアンスラニル酸は有意に増加していた。これらの結果から,体外循環によって肝臓でのトリプトファン代謝系が亢進していることが示された。また,これらの物質は生理活性が強いことから,生体内での過剰な蓄積は臓器組織に障害をもたらす可能性がある。したがって,この結果は体外循環中の腎機能の維持や除水の重要性を示唆している。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 34(1), 7-9, 2007-03-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018587009
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ