小児用静脈貯血槽の各種性能評価 : 気泡捕捉能を中心に Evaluation of venous reservoirs for infants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】現在市販されている3種類の小児用静脈貯血槽(VR-R,M,D)を用いて気泡捕捉能の実験に加えブレークスルー・ボリューム(BV),ダイナミック・ホールドアップ・ボリューム(DV)を測定し,若干の知見を得たので報告する。BV測定は乳酸リンゲルを,DV,気泡捕捉能実験には牛血を使用した。気泡捕捉能は各条件下でのVR出口の気泡数と気泡径を測定した。結果から静脈部のBV,DVおよびカーディオトミー部のBVはVR-Rが最も少なく,優れたレスポンス性能を持つことが伺えた。気泡捕捉能は,低流量ではVR-Rが気泡検出0であったものの高流量では最も気泡検出数が多かった。VRレベルで気泡数,大きさに変化があると考えられたが,レベル50mLと200mLでは有意差は見られなかった。3種類のVRは混入した気泡は完全に除去することができず,マイクロバブルとして送血されてしまうことが危惧され,どのVRレベルにおいても1.0L/min以上の血流量では捕捉は不可能でVRの限界を感じた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 34(1), 23-26, 2007-03-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018587034
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ