ペグインターフェロン治療中に Vogt-小柳-原田病を発症したC型慢性肝炎の1例 Vogt-Koyanagi-Harada disease associated with peginterferon therapy in a case of chronic hepatitis C

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

インターフェロン(IFN)の治療中に自己免疫疾患を併発する事が知られている.我々は44歳の男性でセロタイプ2のC型慢性肝炎例に対してIFN治療(ペグインターフェロンα-2a, 180μg/d<i>l</i>)を施行したが,治療約8週後より頭痛と変視症が出現し自己免疫疾患の一つであるVogt-小柳-原田病(VKH病)に進展した稀な一例を経験した.幸いにも本症例はステロイドパルス療法によりVKH病の眼症状は改善した.また,本症例は,副作用のためIFN投与を10週で中止したが,IFN単独の短い治療期間であるにもかかわらずHCV RNAは持続的に陰性となりウイルス学的著効(SVR)と診断された.IFN投与によりVKH病等の重篤な副作用が起こり得るので,投与中はより綿密な患者のモニタリングが必要と考える.さらに,今後,セロタイプ2に対するIFN投与期間の見直しが必要と思われる.<br>

44 year-old male with serotype 2 of chronic hepatitis C had been weekly administered pegylated interferon α-2a at a dose of 180 μg/d<i>l</i>. Eight weeks after the initiation of IFN treatment, he had symptoms of headache and metamorphopsia, and progressed in Vogt-Koyanagi-Harada (VKH) disease as a grave side effect of IFN. Fortunately his eye symptoms were disappeared by the systemic steroid therapy. In addition, even though the IFN administration was ceased only after ten weeks due to a side effect, the serum HCV RNA has remained undetectable for more than six months after the cessation of IFN therapy. As a conclusion, it is essential to carefully monitor patients in respect of ophthalmologic complication during IFN therapy to prevent the gravity of IFN related side effects such as VKH disease. Moreover, it is necessary to reconsider the period of IFN administration to patients with chronic hepatitis C with serotype 2.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 48(1), 5-9, 2007-01-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018587234
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    8612898
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ