分子疫学的解析により感染地を特定しえた旅行者E型急性肝炎の1例 A case of imported hepatitis E : Identification of location of HEV infection by the molecular epidemiological approach

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

患者は30歳男性.2006年1月から4カ月間中国の雲南省とチベット自治区,ネパール,およびタイの順に旅行し,タイに移動後間もなく褐色尿と黄疸に気づき帰国した.患者血清からはE型肝炎ウイルス(HEV)RNAが検出され,遺伝子型は1型と判定された.取材旅行であったことより日々の飲食を全て記録しており,生ものや生水の摂取は旅行中一切無かったが,ネパールでの水かけ祭「ホーリー」に参加し,泥水を誤飲したことが感染契機になったとみられた.さらに,1型の既知全クローンとの比較から,感染したHEV株は2005年12月にネパールで分離されたHEV株と100%の一致率を示し,ネパールで感染したことがHEVクローンの遺伝子解析から裏付けられた.ネパールでは2006年春においても同種株の流行が続いていたことが推測された.<br>

A 30-year-old man visited Yunnan and Tibet Autonomous Region in China, Nepal and Thailand for four months since January, 2006. Soon after moved to Thailand, he noticed brown urine and jaundice and returned to Japan. Since he had IgM class antibodies to HEV and detectable hepatitis E virus (HEV) RNA of genotype 1 in serum, he was diagnosed with hepatitis E. He did not ingest unboiled water and uncooked dishes during the trip at all. However, he participated in the festival "holly" in Nepal and accidentally drank muddy water, which may have been associated with the acquisition of HEV infection. Upon comparison with the reported genotype 1 HEV isolates, the HE-JA06-1017 isolate recovered from this patient was found to be homologous to subgenotype 1a isolates and 100% identical to the 1a isolates that prevailed in Nepal in December, 2005, indicating that this patient contracted HEV infection while traveling in Nepal.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 48(1), 15-21, 2007-01-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018587266
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    8612945
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ