動注用アイエーコールによる腫瘍壊死を病理学的に確認しえた肝細胞癌切除例 A case of advanced hepatocellular carcinoma showing marked tumor necrosis after administration of CDDP powder for intraarterial use

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は61歳女性.54歳時クモ膜下出血にて入院の際に,HCV抗体陽性を指摘され,以後,某病院にて経過観察されていた.平成14年より肝障害持続し,C型慢性肝炎に対しInterferon療法施行するもうつ症状にて中止.経過観察中に腹部CTにて肝細胞癌の出現を認め平成17年1月20日入院.2月1日腹部血管造影を施行し,左肝動脈より動注用アイエーコールを動注後,2月9日に肝部分切除を施行した.腫瘍部は全体が壊死に陥り,腫瘍被膜下にわずかにvividな腫瘍組織を認めるのみであった.CDDPは癌細胞内DNA鎖と結合,DNA合成とそれに続く癌細胞分裂を阻害することで殺細胞効果を示すが,動注用アイエーコールはCDDPを動注内投与に適した微粉末にした新規剤型の抗癌剤であり,従来の静注用CDDPと比較して濃度依存性殺細胞効果が高まることが期待されている.今回我々は動注用アイエーコールによる腫瘍壊死を病理学的に確認できた1例を経験したので報告した.<br>

A 61-year old Japanese woman positive for anti-HCV was referred to our hospital because of liver tumor and high levels of α-fetoprotein and protein induced by Vitamin K absence or antagosist II. After examinations, she was diagnosed as having advanced hepatocellular carcinoma. She was treated with hepatic arterial cisplatin infusion chemotherapy for hepatocellular carcinoma. Subsequently, she underwent partial liver resection. Specimens of resected tumor were hepatocellular carcinoma with marked necrosis. Vivid tumor tissue was detected only in subcapsular portion of the tumor. We suppose that arterial cisplatin infusion chemotherapy may have contributed to high antineoplatic effect of hepatocellular carcinoma. <br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 48(1), 27-32, 2007-01-25

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018587299
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    8612989
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ