モルモットの実験的アレルギー性結膜炎に対する Substance P の関与 Role of Substance P in Experimental Conjunctivitis in Guinea Pigs

この論文をさがす

著者

    • 山地 雅子 YAMAJI Masako
    • 岡山大学薬学部薬物学教室 Department of Pharmacology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Okayama University
    • 高田 美穂 TAKADA Miho
    • 岡山大学薬学部薬物学教室 Department of Pharmacology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Okayama University
    • 出石 啓治 IZUSHI Keiji
    • 岡山大学薬学部薬物学教室 Department of Pharmacology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Okayama University
    • 杉本 幸雄 SUGIMOTO Yukio
    • 岡山大学薬学部薬物学教室 Department of Pharmacology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Okayama University
    • 亀井 千晃 KAMEI Chiaki
    • 岡山大学薬学部薬物学教室 Department of Pharmacology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Okayama University

収録刊行物

  • あたらしい眼科 = Journal of the eye  

    あたらしい眼科 = Journal of the eye 13(3), 419-421, 1996-03-30 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018594360
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10066410
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09101810
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ