Polymerase Chain Reaction (PCR) 法が有用であった重症角膜潰瘍の2例 Two Cases of Severe Corneal Ulcer Diagnosed in Which the Polymerase Chain Reaction Method Was Used as a Diagnostic Technique

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • あたらしい眼科 = Journal of the eye  

    あたらしい眼科 = Journal of the eye 13(1), 87-90, 1996-01-30 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018594920
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10066410
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09101810
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ