薬物毒性の感受性調節における細胞内カルシウムの役割 : オートプロテクション(自家毒抵抗性)について Intracellular Ca^<2+> mediating biodefense signal on CCl_4-induced autoprotection

この論文をさがす

著者

    • 平良 全栄 TAIRA Zenei
    • 徳島文理大学 薬学部 臨床薬学科薬剤学教室 Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokushima Bunri University
    • 矢部 一憲 YABE Kazunori
    • 徳島文理大学 薬学部 臨床薬学科薬剤学教室 Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokushima Bunri University
    • 入江 理恵
    • 徳島文理大学 薬学部 臨床薬学科薬剤学教室 Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokushima Bunri University
    • 乾 由佳 INUI Yuka
    • 徳島文理大学 薬学部 臨床薬学科薬剤学教室 Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokushima Bunri University
    • 橋田 真衣 HASHIDA Mai
    • 徳島文理大学 薬学部 臨床薬学科薬剤学教室 Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokushima Bunri University
    • 山田 紳嗣 YAMADA Shinji
    • 徳島文理大学 薬学部 臨床薬学科薬剤学教室 Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokushima Bunri University

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 120, 119P-121P, 2002-11-10 

    日本薬理学会

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018601281
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6357438
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ