担子菌系酵母の分類学的研究 Systematic Studies of Basidiomycetous Yeasts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高島 昌子 TAKASHIMA Masako
    • 理化学研究所微生物系統保存施設 Japan Collection of Microorganisms, RIKEN (The Institute of Physical and Chemical Research)

抄録

担子菌系酵母は,担子菌類の3つの綱,クロボキン綱(Ustilaginomycetes),サビキン綱(Urediniomycetes),菌蕈網(Hymenomycetes)のいずれにも含まれることから,系統的にきわめて多様であると推定される.担子菌類の多様な種に対して,系統関係に基づく分類体系を構築するため,新たな種を分離し種多様性を拡げるとともに,系統関係を反映する新たな表現形質を探索することを目的に研究を行った.属以上の分類階級の指標として用いられている表現形質のうち,射出胞子形成能については,本形質をもつ酵母ともたない酵母が系統樹上で入り混じって存在し,また同一の種内においても射出胞子形成能をもつ株とこれを失ったと思われる株が存在することから,分類の指標として適切でないことが明らかとなった.また,化学分類学的形質のうち重要とされている細胞壁糖組成については,本形質は綱のレベルの指標として有効であるといわれてきたが,さらに,サビキン綱のなかでErythrobasidium clusterに位置する種は細胞壁にフコースを含んでいないことが明らかとなった.細胞壁中のフコースの有無は,サビキン綱のなかのErythrobasidium clusterを識別する指標としてきわめて有効であると思われた.担子菌系酵母は非常に多様で,その分類を論じる際には酵母以外の菌類との関連も念頭に置くことが必要である.

収録刊行物

  • Microbiology and Culture Collections : official publication of the Japan Society for Culture Collections : 日本微生物資源学会誌  

    Microbiology and Culture Collections : official publication of the Japan Society for Culture Collections : 日本微生物資源学会誌 16(2), 41-50, 2000-12-30 

    日本微生物資源保存学会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018601284
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10475420
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13424041
  • NDL 記事登録ID
    5666900
  • NDL 雑誌分類
    ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1812
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ