生物資源の生残結果要約プログラム A Simple Program for Summarizing the Viability of Stored Resources

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 永井 利郎 NAGAI Toshirou
    • 農業生物資源研究所遺伝資源第二部 National Institute of Agrobiological Resources, The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries

抄録

菌株の保存方法を選択する際の指標として,菌株の保存後の生残数をまとめた表は有用である.本報告ではある期間保存した後の生残菌株数をとりまとめる表を作成するソフトウェアseizan.exeの作成とその使用法について述べた.本ソフトウェアはWindows 95/98をオペレーティングシステムとしているパーソナルコンピュータで稼働し,インターネット(http://www.gene.affrc.go.jp/micro/)を通じて公開されている.Pentium ・(350MHz)プロセッサを実装するコンピュータでは,本プログラムは2秒で14,600件のデータを処理することができた.

収録刊行物

  • Microbiology and Culture Collections : official publication of the Japan Society for Culture Collections : 日本微生物資源学会誌

    Microbiology and Culture Collections : official publication of the Japan Society for Culture Collections : 日本微生物資源学会誌 16(2), 71-74, 2000-12-30

    日本微生物資源保存学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018601392
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10475420
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13424041
  • NDL 記事登録ID
    5666934
  • NDL 雑誌分類
    ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1812
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ