Pseudomonas 属細菌の同定に用いるゼラチン液化試験とカゼイン分解試験の比較 Comparison of Liquefaction of Gelatin and Degradation of Casein for Identification of Pseudomonas Species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 内野 昌孝 UCHINO Masataka
    • 東京農業大学応用生物科学部生物応用化学科微生物学研究室 Laboratory of General and Applied Microbiology, Department of Applied Biology and Chemistry, Faculty of Applied Bio-science, Tokyo University of Agriculture
    • 大須田 麻紀子 OSUDA Makiko
    • 東京農業大学応用生物科学部生物応用化学科微生物学研究室 Laboratory of General and Applied Microbiology, Department of Applied Biology and Chemistry, Faculty of Applied Bio-science, Tokyo University of Agriculture
    • 内村 泰 [他] UCHIMURA Tai
    • 東京農業大学応用生物科学部生物応用化学科微生物学研究室 Laboratory of General and Applied Microbiology, Department of Applied Biology and Chemistry, Faculty of Applied Bio-science, Tokyo University of Agriculture
    • 駒形 和男 KOMAGATA Kazuo
    • 東京農業大学応用生物科学部生物応用化学科微生物学研究室 Laboratory of General and Applied Microbiology, Department of Applied Biology and Chemistry, Faculty of Applied Bio-science, Tokyo University of Agriculture

抄録

ゼラチンの液化はPseudomonas属細菌の同定に古くから用いられてきたが,実験上結果の判定に困難を伴うことがある.そこで,判定の確実性,実験の簡便性を目的としてゼラチンの代わりにカゼインを用いるタンパク質分解を試験した.5種類のゼラチン液化試験および3種類のカゼイン分解試験を行い,それぞれ最適と思われる方法として穿刺培養による肉汁ゼラチンの分解,画線培養による肉汁スキムミルク寒天平板のスキムミルクの分解を選択した.Pseudomonas15種156株を用いて,上記の試験を行った結果,約2%の差があるもののカゼインの分解は確実性,簡便性の点でゼラチン液化の代わりに用いられることを認めた.しかし,Pseudomonasの種のなかには,ゼラチンを液化(またはカゼインを分解)する菌株としない菌株が混在するものがあるので,これらの性状の同定上の評価にはこのことを考慮しなくてはならない.

収録刊行物

  • Microbiology and Culture Collections : official publication of the Japan Society for Culture Collections : 日本微生物資源学会誌  

    Microbiology and Culture Collections : official publication of the Japan Society for Culture Collections : 日本微生物資源学会誌 16(1), 3-11, 2000-06-30 

    日本微生物資源保存学会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018601398
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10475420
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13424041
  • NDL 記事登録ID
    5531229
  • NDL 雑誌分類
    ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1812
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ