化学反応を伴う伝熱研究の将来 Promising Aspects in Chemical Reactive Heat Transfer

この論文をさがす

著者

    • 岡崎 健 OKAZAKI Ken
    • 東京工業大学炭素循環素材研究センター Research Center for Carbon Recycling and Utilization, Tokyo Institute of Technology

収録刊行物

  • 伝熱研究 = News of HTSJ  

    伝熱研究 = News of HTSJ 35(137), 35-36, 1996-04-01 

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018605464
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0015409X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09107851
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ