生体類似環境におけるチタン合金の疲労き裂発生寿命推定手法の提案 A New Method to Estimate the Fatigue Crack Initiation Life of Titanium Alloy in a Simulated Physiological Environment

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 生体材料  

    生体材料 19(1), 3-9, 2001-02-10 

    日本バイオマテリアル学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018616194
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00081189
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0910304X
  • NDL 記事登録ID
    025976159
  • NDL 請求記号
    Z19-1571
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ