魚介類の原産地判別技術

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

食品表示における魚介類の名称や原産地の記載を検証する手法を確立するため, 生物種名や漁獲地, 輸入品の原産国を推定するための技術開発を進めている。ミトコンドリアDNA分析による種判別技術とともに, 微量元素分析による原産地推定法を開発した。とくに, マグロ類やウナギ, アサリの研究例について解説する。

収録刊行物

  • 動物遺伝育種研究 = The journal of animal genetics  

    動物遺伝育種研究 = The journal of animal genetics 34, 28-33, 2006-11-19 

    日本動物遺伝育種学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ