糖質関連酵素に関する新たな構造的知見 New Structural Insights on Carbohydrate-active Enzymes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

糖質に対して活性をもつ酵素群 (Carbohydrate-Active enZymes, CAZymes) の構造と機能に関する研究は,ここ10年ほどの間に大幅な発展を遂げてきた.特に,糖質加水分解酵素 (Glycoside Hydrolase, GH) ファミリーは100を超え,その立体構造 (フォールド) は非常にバラエティに富んでいることが明らかになってきている.このレヴューでは,われわれのグループが新規に構造を決定した4種類のGHファミリー (GH42, GH57, GH54, GH94) の立体構造を中心に,一見無関係にみえるGHファミリー間でみつかった構造と反応機構の類似点から,それらの進化的な関連の可能性について議論する.

Studies of the structure and function of Carbohydrate-Active enZymes (CAZymes) have made a great deal of progress over the last decade. The glycoside hydrolase (GH) family is a prominent class of CAZymes. There are more than 100 GH families, with wide variations in their 3 D structures (folds). This review focuses on the recently determined crystal structures of 4 GH families: GH42, GH57, GH54 and GH94. Possible evolutionary relationships between apparently unrelated GH families are discussed based on structural and mechanistic similarities.

収録刊行物

  • Journal of applied glycoscience  

    Journal of applied glycoscience 54(2), 95-102, 2007-04-20 

    The Japanese Society of Applied Glycoscience

参考文献:  77件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018617461
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11809133
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13447882
  • NDL 記事登録ID
    8827897
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ