血糖値1556mg/dlでありながらケトアシドーシス, 非ケトン性高浸透圧性昏睡を呈さなかった糖尿病の1例 Extreme Hyperglycemia, 1556mg/dl, Unassociated with Ketoacidosis or Non-ketotic Hyperosmolar Coma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は32歳男性. 5年前より精神分裂病で治療中. 急速に口渇が出現し, 大量の含糖ヨーグルト飲料 (6-7<I>l</I>日), 低脂肪乳 (5<I>l</I>/日), トマトジュース (1<I>l</I>/日) を摂取, 下痢が生じ来院した, 意識清明, 脈拍112/分整, 血圧130/80mmHg. 血糖値1556 mg/d<I>l</I>, HbA<SUB>1</SUB>c 15, 1%, 抗GAD抗体陰性, IRI33μU/m<I>l</I>, CPR 24ng/m<I>l</I>, Na 116mEq/<I>l</I>, BUN 35mg/d<I>l</I>, クレアチニン 1.0mg/d<I>l</I>, 総ケトン体4.7 mM, βヒドロキシ酪酸33 mM, 乳酸12mg/d<I>l</I>, 血漿浸透圧321mOsm/kgH<SUB>2</SUB>O. 動脈血pH7.396, PCO<SUB>2</SUB> 33mmHg, HCO<SUB>3</SUB> 19.8mM, アニオンギャップ 22.2mM. 絶対的インスリン欠乏なく, 腎機能正常, 極量の水分摂取による強制利尿, などにより著しい高血糖にもかかわらずケトアシドーシスや高浸透圧性昏睡から免れた症例と考えられた.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 46(6), 437-440, 2003-06-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018618351
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    025094845
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ