口腔領域の末期癌患者におけるフェンタニルパッチの鎮痛効果 Analgesic Efficacy of fentanyl patch for terminal stage patients with oral cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 占部 一彦 URABE Kazuhiko
    • 労働者健康福祉機構関西労災病院歯科口腔外科 Department of Dentistry and Oral Surgery, Kansai Rosai Hospital
    • 鏡内 肇 KAGAMIUCHI Hajime
    • 労働者健康福祉機構関西労災病院歯科口腔外科 Department of Dentistry and Oral Surgery, Kansai Rosai Hospital
    • 北村 龍二 KITAMURA Ryuji
    • 労働者健康福祉機構関西労災病院歯科口腔外科 Department of Dentistry and Oral Surgery, Kansai Rosai Hospital

抄録

we evaluated the analgesic efficacy of fentanyl patches for terminal stage patients with oral cancer. In all cases (two cases of tongue cancer, one of gingival cancer, and one of soft palate cancer), we could assess effectiveness. We consider fentanyl patches to be a useful analgesic with high and continued effectiveness against pain in terminal stage patients with oral cancer.

収録刊行物

  • 日本口腔外科学会雑誌  

    日本口腔外科学会雑誌 50(12), 773-776, 2004-12-20 

    Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018618638
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215163
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ