ニコチン性アセチルコリン受容体の感受性調節機構および新規天然化合物による活性制御 Modulation of excitability in midbrain dopaminergic neurons and skeletal muscles by neuronal nicotinic receptors : Perspectives from knockout mice

この論文をさがす

著者

    • 恒枝 宏史 TSUNEKI Hiroshi
    • 富山医科薬科大学大学院 薬学研究科 臨床薬理学講座 Department of Clinical Pharmacology, Toyama Medical and Pharmaceutical University
    • 木村 郁子 KIMURA Ikuko
    • 富山医科薬科大学大学院 薬学研究科 臨床薬理学講座 Department of Clinical Pharmacology, Toyama Medical and Pharmaceutical University

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 122, 18P-21P, 2003-11-01 

    日本薬理学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018622244
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6757909
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ