cAMP-非依存性の MaxiK channel 活性化機構について : G蛋白を介する活性化調節と血管平滑筋の緊張性制御における役割 Molecular mechanisms for cAMP-independent activation of MaxiK channel : G protein direct channel regulation and contribution to the tuning of vascular smooth muscle tone

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 122, 37P-39P, 2003-11-01 

    日本薬理学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018622286
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6758021
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ