線維芽細胞の収縮性の制御機構の解明 : 遺伝子導入による収縮性の変化 Changes in the contractility of the NIH3T3 fibroblast induced by the over-expression of CPI-17

この論文をさがす

著者

    • 西村 淳二 NISHIMURA Junji
    • 九州大学大学院 医学研究院 附属心臓血管研究施設 分子細胞情報学部門 Division of Molecular Cardiology, Research Institute of Angiocardiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 平野 勝也
    • 九州大学大学院 医学研究院 附属心臓血管研究施設 分子細胞情報学部門 Division of Molecular Cardiology, Research Institute of Angiocardiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 金出 英夫 KANAIDE Hideo
    • 九州大学大学院 医学研究院 附属心臓血管研究施設 分子細胞情報学部門 Division of Molecular Cardiology, Research Institute of Angiocardiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 122, 43P-45P, 2003-11-01 

    日本薬理学会

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018622302
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6758052
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ