齲歯から生じた頸部ガス壊疽の1症例 A Case of Gas Gangrene in the Neck

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ガス壊疽はガス産生を伴う壊疽性の軟部組織感染症であり, クロストリジウム属に起因するものと非クロストリジウム属に起因するものとに大別される。従来, 頭頸部領域には稀とされてきたが, 最近報告例が増加し, 強い病原性を呈する可能性があり非常に注意を要する。今回われわれは齲歯が原因と予想される頸部から縦隔まで進展した非クロストリジウム属に起因する頸部ガス壊疽の症例を経験した。本症例は皮下に握雪感を伴い, ガス産生菌によって引き起こされた, 急速に進行する軟部組織の壊死性感染症であり, ガス壊疽と診断した。造影CTにて両側頸部, 縦隔に著明なガス像と膿瘍形成を認め, 術前の病変の進展範囲の判定に有用であった。受診同日に局所麻酔下に気管切開を施行し, 気道確保後, 全身麻酔下に頸部膿瘍切開排膿術, デブリードメント, 縦隔ドレナージを施行し, 術後も呼吸器科と連携して約2週間十分に抗菌薬投与し, 救命しえた。ガス壊疽は症状の進行が非常に急速であり, 炎症の波及の範囲を適切に判断した迅速なドレナージと抗菌薬投与が重要であると考えた。

Gas gangrene in the neck is a rare but life-threatening infection that easily progresses to mediastinitis and damages vital organs in the chest. A 51-year-old female was referred to our hospital because of aggressive neck pain and dyspnea. Neck and chest CT demonstrated bilateral abscesses in the neck that appeared to be spreading to the mediastinum with the image of an air bubble. Under a diagnosis of gas-producing abscesses, administration of antibiotics as well as gamma-globulin for two weeks was followed by emergency surgical treatment. After tracheotomy to maintain the airway under local anesthesia, we performed mediastinal drainage by transcervical and external approaches to the neck abscesses which involved multiple spaces. In this case, anaerobic bacteria and <i>Streptococcus</i> spp. were detected in the necrotic tissues. These findings suggest that prompt surgical treatment and adequate chemotherapy are indispensable to saving the patient's life in cases of gas gangrene in the neck.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報  

    日本気管食道科学会会報 56(6), 484-488, 2005-12-10 

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018622485
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290645
  • NDL 記事登録ID
    7763204
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-214
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ