血清アミロイド蛋白がステロイドの減量に際し有用な指標と考えられたMPO-ANCA関連血管炎の1例 Serum amyloid protein A was a useful marker for steroid tapering in a case of MPO-ANCA-associated vasculitis

この論文をさがす

著者

    • 鹿間 裕介 SHIKAMA Yusuke
    • 昭和大学横浜市北部病院呼吸器センター Showa University Northern Yokohama Hospital, Respiratory Disease Center
    • 栗生 和幸 KURIU Kazuyuki
    • 昭和大学横浜市北部病院呼吸器センター Showa University Northern Yokohama Hospital, Respiratory Disease Center
    • 大眉 寿々子 OMAYU Suzuko
    • 昭和大学横浜市北部病院呼吸器センター Showa University Northern Yokohama Hospital, Respiratory Disease Center
    • 神尾 義人 KAMIO Yoshito
    • 昭和大学横浜市北部病院呼吸器センター Showa University Northern Yokohama Hospital, Respiratory Disease Center
    • 北見 明彦 KITAMI Akihiko
    • 昭和大学横浜市北部病院呼吸器センター Showa University Northern Yokohama Hospital, Respiratory Disease Center
    • 笠原 慶太 KASAHARA Keita
    • 昭和大学横浜市北部病院呼吸器センター Showa University Northern Yokohama Hospital, Respiratory Disease Center

収録刊行物

  • 日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society  

    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 43(10), 588-594, 2005-10-10 

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018622840
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1119595X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13433490
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ