皮膚病変部における非侵襲的検査法を用いた Epstein-Barr virus (EBV) 潜伏感染の証明 Detection of Latency-Associated Epstein-Barr Virus Transcripts using a novel, non-invasive technique in cutaneous lesions

この論文をさがす

著者

    • 山本 剛伸 YAMAMOTO Takenobu
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 皮膚・粘膜・結合織学 Department of Dermatology, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences
    • 岩月 啓氏 IWATSUKI Keiji
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 皮膚・粘膜・結合織学 Department of Dermatology, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences

収録刊行物

  • 日本小児皮膚科学会雑誌 = Journal of pediatric dermatology  

    日本小児皮膚科学会雑誌 = Journal of pediatric dermatology 25(2), 115-119, 2006-11-30 

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018653006
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10042842
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02869608
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ