CAPD導入時に発見された横隔膜交通症の1例 A CASE OF PLEUROPERITONEAL COMMUNICATION DETECTED AT THE BEGINNING OF CAPD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は55歳,女性. 2005年4月末期腎不全にて持続腹膜透析(CAPD)導入開始となった.翌日より呼吸困難を訴え,胸部X線にて右大量胸水を認めた.胸腔穿刺にて1.5Lの排液を認め,胸水の糖濃度が血糖よりも高値であることから透析液の胸腔内流入,横隔膜交通症と診断された.胸腔鏡下(video assisted thoracoscopic surgery: VATS)横隔膜修復術を施行した.右胸腔より横隔膜を確認中にインジコカルミンを混入した透析液を腹腔に注入すると,腱中心やや外側に透析液の噴水上に流出する痩孔部を確認,小開胸を追加して瘻孔部を直接縫合閉鎖し,縫合部をネオペール<sup>®</sup>とフィブリン糊で補強した.術後7日目よりCAPDを再開するが,右胸水貯留は認めず.現在,在宅でCAPDを施行し,術後15カ月が経過するが再発を認めていない.

A 55-year-old female presented in end-stage renal failure. She developed dyspnea soon after starting a program of continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD) in April 2004. Chest X-ray showed a right-side massive pleural effusion. We diagnosed pleuroperitoneal communication, because the glucose concentration of pleural effusion was higher than blood glucose. We performed video assisted thoracoscopic surgery. Using indigocarmine containing peritoneal dialysis fluid through a CAPD catheter, we found a fistula on the diaphragm from which blue dialysis solution flowed out like a fountain. The defect of the diaphragm was directly closed and covered using polyglycolic acid felt and fibrin glue. She could restart CAPD at 7 days postoperation, and no recurrence of hydrothorax has been detected for a year after the surgical treatment.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(11), 2589-2594, 2006-11-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018653588
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ